二重

二重の種類には3つの型があります

二重手術は、美容整形の中ではもっとも多く行われている手術の一つです。これが示すように、二重には大きな魅力があります。そしてこの二重まぶたには、大きく分けて3種類あります。「平行型」「末広型」「奥二重」の3つです。今回は、この二重の種類についてまとめました。
平行型は、目頭から目尻にかけてラインの幅が広くなっている二重のことをいいます。この型は、目をぱっちりと大きく見せるので、目元に華やかさが生まれることが特徴で、欧米人に多い型だとされています。この型は、目元がとても華やかになるので、とにかく目をぱっちりとさせたいという人に選ばれる型です。
末広型は、目尻にかけてラインの幅が広くなります。控えめですっきりとした印象を与えることが特徴で、日本人に多い型だとされています。また、日本人に一番似合うのもこの二重だとされており、自然な二重をつくりたいと思っている人は、整形の際にこれを選ぶことが多いようです。
奥二重は、二重の幅が狭いために、二重がまぶたの奥に隠れてしまっているものです。したがって、普段は一重だと思っていたのに、実際には奥二重だったということがあります。二重にはしたいけど、顔の印象はあまり変えたくないという人は、自然な奥二重にすることがあります。
二重には種類があり、人によって似合う型があるので、まずは自分に合いそうな型を探すことが大切です。