二重

二重整形のメリットとデメリットについてご紹介

二重整形の中でも人気がある埋没法は、メスを使わずに医療用の糸と針を使って二重を作っている手術で、まぶたの内側を医療用の糸で留めるだけなので、短時間で施術が可能で、ダウンタイムが短く、効果を早く実感できるというメリットがあります。
埋没法のデメリットとしては、糸で留めているだけなので、結び目がほどけてしまったり、元の一重に戻ってしまうという可能性もあり、二重を維持するためには、数年に一度の再手術が必要となってしまいます。
埋没法は、瞼板という箇所に糸を留めていく瞼板法が一般的ですが、最近では挙筋といった目を開ける筋肉に糸を通していく完全埋没法という方法で手術を行うクリニックも増えてきています。この方法の場合、糸が角膜に接触することがないので、術後の突っ張り感や腫れが少ないのが特徴です。
手術によって二重のラインを作るためには、目をあける力と皮膚の厚みが重要となってきます。そのため、埋没法は、まぶたが厚すぎると糸だけで皮膚を重ねることが難しく、思ったほどの効果を得ることができませんから、埋没法の適応とはいえません。こういった場合には、まぶたを切開する切開法を行うことで、二重を手に入れることができます。